人工透析は手術で治る|未来を笑顔で乗り切るために

医師
このエントリーをはてなブックマークに追加

末期がん患者にも光明

手

がん患者の体内では、免疫細胞の働きが低下しているためにがん細胞の増殖を招いている面があります。がん免疫療法はこの免疫細胞を活性化させ、自分自身の力でがん細胞を退治できるようにする方法です。中でも肺がん等に適用範囲を拡大している免疫チェックポイント阻害剤は、末期がん患者も希望が持てる新しい治療法です。

もっと見る

腎臓機能の代替方法

夫婦と医者

高齢者の増加と負担

人工透析を必要とする場合は、腎臓の機能が上手く働かなくなったときです。腎臓病や糖尿病などが主な原因となり、血液中に老廃物が混ざってしまうために危険な状態となってしまいます。このような状態から血液を常にきれいにする対策として、人工透析が行われています。人工透析を受ける患者は高齢者に多い傾向があり、東京でも患者数の半数が高齢者です。東京での高齢者の数は約300万人となっており、都内の総人口の4人に1人という割合となっています。このために、東京では人工透析患者の取り組みに力を入れており、送迎バスや無理のない治療スケジュールなども含めて負担を少なくしています。しかし、人工透析は受ける回数が多くてその時間も長いです。高齢者にとっては肉体的な負担が増してしまう原因にもなるので、今後を十分に考えなくてはいけません。東京にある病院や他の相談機関ではこうした問題に対応しているため、積極的に利用していくといいでしょう。

患者数の今後の推移

人工透析の患者数は、2017年度を境に減少していくと予想されています。理由は、腎臓移植の積極的な医療方針や、高齢者の増加、そして健康意識への対策が広がってきたことにもあります。患者数は2017年度がピークとなりますが、増加率で言えば1980年代から減少が続いているのです。2000年代に入ってからは増加率もかなり減少しているため、このままいくと患者数自体の減少につながると見られているからです。けれども、高齢者の割合は今後も増える傾向にあるとされています。透析患者数の約8割とされ、ますます治療への慎重な取り組みが求められるようになるでしょう。病院や自治体だけでなく、透析患者の家族も支える側として前向きな姿勢を取らなければいけません。

在宅医療を選ぶなら

診察

がんや難病と闘っている患者さんは、クリニックやホスピスに入院したりするよりも、在宅医療を選びたいと考える人は多いはずです。大阪の梅田クリニックは、そんな在宅医療に積極的に取り組んでいます。

もっと見る

早期発見のために

胸

乳がん検診は、早期発見のためにとても重要です。早期発見によって生存率が上がるだけでなく、乳房温存手術も可能になります。乳がん検診は自治体で実施されていることがほとんどです。乳がんの検査にはエコー検査とマンモグラフィー検査があります。年齢や授乳の有無によって検査の内容が異なることがあります。

もっと見る